HOME会社案内 > 会社沿革

会社案内

会社沿革

     
1918 大正7年 神保製作所(東京都大田区)を創立
1919 大正8年 神保電器製作所と改称
神保達(じんぼとおる)により設立された神保電器製作所は、耐熱性が高く絶縁性にも優れた硬質のフェノール樹脂(ベークライト)を独自調合し、大正11年(1922)に、日本ではじめての「フェノール樹脂製ソケット」を開発しました。
1923 大正12年 合成樹脂絶縁物を配線器具に応用
「ベークライト製配線器具」を我が国で初めて市場に発表し、多大な好評を博す
1928 昭和3年 株式会社に組織変更
1942 昭和17年 海軍航空機の点滅器に採用され海軍指定工場となる
昭和17年、海軍の指定工場となり、零式艦上戦闘機をはじめ、航空機の点滅器(トグルスイッチ等)を製造。戦後も防衛庁規格(NDS)の通信機用精密スイッチとして継続。
1943 昭和18年 山梨県に工場移転
1949 昭和24年 東京都大田区大森に本社工場新設
1952 昭和27年 「連用配線器具」を発表し、我が国配線器具の形態を大きく変える
昭和27年、我が国の配線器具を変えた画期的な「連用配線器具」を製品化しました。 従来の一箇所一点滅・一差込口から、三連の連用配線器具として、日本の配線器具市場を根底から覆すこととなりました。
1960 昭和35年 電設工業展にて「リモコン配線器具」を発表し、東京都電気研究所所長賞を受賞
リモコン配線器具
1961 昭和36年 電設工業展にて「300V波動スイッチ」を発表し、通産大臣賞を受賞
300V波動スイッチ
1962 昭和37年 電設工業展にて「防水スイッチ」を発表し、技術奨励賞を受賞
防水スイッチ
1964 昭和39年 日本工業規格表示許可工場となる
1970 昭和45年 電設工業展にて「コンテスター」を発表し、日本電設工業協会技術奨励賞を受賞
コンテスター
(現在も改良され、ロングセラー商品に。)
1971 昭和46年 千葉工場新設
1974 昭和49年 電設工業展にて「新連用配線器具」を発表し、中小企業庁長官賞を受賞
新連用配線器具
1978 昭和53年 電設工業展にて「マイルドビーカセットプレート配線器具」を発表し、中小企業庁長官賞を受賞
マイルドビーカセットプレート配線器具
1979 昭和54年 千葉工場増設
1988 昭和63年 優良事業所として労働大臣表彰受賞
1990 平成2年 高級感があり操作しやすい「ワイドアップシリーズ配線器具」を発表し、好評を得る
ワイドアップシリーズ配線器具
1994 平成6年 未来工業(株)との間で資本及び業務の提携をする
1996 平成8年 岐阜神保電器(株)を設立
1997 平成9年 未来工業(株)との共同開発により、「EGシリーズ配線器具」を発表し、好評を得る
EGシリーズ配線器具
2000 平成12年 「ワイドアップシリーズ配線器具」を機能面・デザイン面でさらに進化させた
「J・WIDEシリーズ配線器具」を発表し、好評を得る
J・WIDEシリーズ配線器具
2002 平成14年 NKPシリーズプレートGデザイン賞2002受賞の「コンポスイッチ」にパーツの一部として採用
NKPシリーズのデザイン性の高さは、「コンポスイッチ(2002Gデザイン賞)」のコンセプトに基づくもので、プレートとしても高い評価を得る。
2003 平成15年 「光コンセントシリーズ配線器具」を発表する
千葉工場敷地内に物流センターを新設し、千葉事業所として改組する
2004 平成16年 本社組織を千葉へ移転し、新たに東京事務所を開設する
電設工業展にて「住宅用埋込光コンセントJOP-SCD2」を発表し、
日本電設工業協会会長奨励賞を受賞
住宅用埋込光コンセントJOP-SCD2
2006 平成18年 本社・第二工場にて環境に関わる国際規格ISO14001認証を取得(JQA-EM5213)
2009 平成21年 岐阜神保電器㈱を吸収合併し、岐阜工場と改組
NKシリーズGデザイン賞2009受賞
2011 平成23年 電設工業展にて「LED照明用2線式逆位相制御調光器」を発表し、東京都知事賞を受賞